肌に紫外線を浴びたらなぜ老化する?光老化のメカニズム

0
133
光老化を気にする女性

「肌老化の原因の80%が紫外線」という話はよく聞きますが、そもそも肌に紫外線を浴びたらどうして老化するのでしょうか?

気になったので、ナールスエイジングケアアカデミーの「光老化とは?紫外線ダメージによる肌老化のメカニズムと対策・治療法」を参考に、紫外線でお肌が老化するメカニズムをお伝えできればと思います。

光老化の原因となる紫外線は?

紫外線によるお肌の老化を「光老化」と言います。

光老化の原因になる紫外線は次の2種類です。

・UVA:長波紫外線(320~400nm)

・UVB:中波紫外線(280~320nm)

紫外線のお肌への影響は、波長が短いほど大きく、波長が長いほど少なくなります。

それでいくと「UVBの方をとくに防御しないと」となりますが、光老化の観点ではUVAの方が厄介です。

というのも、UVAは照射量が多く、曇や窓ガラスも通り抜けるほど浸透力が高いので、お肌の深いところまで届きます。

そのためお肌に与える影響は深刻です。

最近では、このUVAが光老化の主な原因になっていることがわかってきているようです。

紫外線を浴びるとお肌の中では何がおこる?

紫外線は年中降り注いでいます。程度の差こそあれ、私たちは毎日紫外線を浴びています。

日常紫外線だったら痛くもないし、見た目もとくに変化はありませんが、お肌では次のようなことがおこります。

・紫外線ダメージによって皮膚の細胞のDNA が損傷

・紫外線によって発生する活性酸素が酸化ストレスを引き起こし、細胞がダメージを受ける

それによって、お肌の表皮や真皮の組織の機能が低下します。

たとえば、Ⅲ型コラーゲンとⅠ型コラーゲンのバランスが変化したり、真皮の毛細血管が拡張するなどが挙げられます。

また、UVAによって真皮の肥満細胞から、コラーゲンを分解する酵素を活性化するトリプターゼの分泌が増え、表皮の基底膜にあるⅣ型コラーゲンを分解して光老化をもたらします。

このようなことはお肌でおこることによってしわやたるみができたり、メラニンが蓄積してシミになったりします。

加齢による老化と光老化の違いは見た目でわかる

加齢によるお肌の老化と光老化の違いは、見た目でわかります。

年齢を経て老化するだけのお肌の特徴

・皮膚が薄くなる

・膚の色も薄くなる

光老化したお肌の特徴

・皮膚の角質は厚くなる

・皮膚の色が濃くなる

老化するとお肌は弱々しくなりますが、光老化はお肌が紫外線「防御」しようとした結果、このような状態になります。

高齢のゴルファーや漁師、農家さんなどのお肌を想像するとイメージしやすいのではないでしょうか?

角質が厚く、肌の色が黒っぽい方がいらっしゃいますが、それらは単に日焼けしたのではなく、光老化の影響なんです。

光老化を防ぐには?

光老化を防ぐ方法は、もちろん紫外線対策です。

まず基本は環境省が発行している「紫外線環境保健マニュアル」に記載されている次の紫外線対策を実践しましょう

紫外線の強い時間帯を避ける
日陰を利用する
日傘や帽子を利用する
袖や襟のある衣服でからだを覆う
サングラスをかける
日焼け止めクリームを使う
紫外線の強い時間帯は午前10時~午後2時です。可能な限り、この時間帯に外出しないようにすることをおすすめします。

日焼け止めに関しては、朝に1回塗って終わりではなく、2時間おきくらいに塗りなおしするのも大切です。適切な紫外線防御力のある日焼け止めを年中、塗りむらなく使うようにしましょう。

また、ビタミンA、C、Eやポリフェノールなどの抗酸化物質を含む食事や、質の高い睡眠で紫外線ダメージをスピーディーに回復できるようにしましょう。

まとめ

光老化は加齢によるお肌の老化以上にダメージが大きいので、しっかり予防し続けることが大切です。

日々の積み重ねが、5年後10年後のお肌に大きな差となってあらわれるはずです。

今日この瞬間から、これまで以上に紫外線対策を意識した毎日を過ごしてみませんか?

この記事が、未来の美肌づくりのお役に立てれば幸いです。

(Visited 6 times, 1 visits today)